やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

まちづくりワークショップ~復興まちづくりを知り、語ろう~ 

2011.11.21活動報告 その他の報告

こんにちは、やっぺす渡部です。
17日より、各地で石巻市主催の震災復興基本計画の住民向け意見交換会が行われています。
そのような中、当団体主催、神戸まちづくり研究所・コクヨファニチャー共催、石巻市・石巻専修大学後援いただき、ワークショップを開催しました。
復興まちづくりを知り、語ろう
$石巻復興支援ネットワーク
まず、受付時に来ていただいた方に今日知りたいこと、語りたいことを記入していただきました。
$石巻復興支援ネットワーク
ワークショップ開始後、石巻市復興対策室中村主幹より、石巻市震災復興基本計画の概要をご説明いただきました。
$石巻復興支援ネットワーク
次に、神戸まちづくり研究所の松原さんに阪神大震災で行われたまちづくりの事例を発表いただきました。
$石巻復興支援ネットワーク
それを踏まえて、参加者の方より、復興基本計画について話し合うグループワークを行いました。ご質問、課題等を話し合い、質疑応答を行いました。
$石巻復興支援ネットワーク
$石巻復興支援ネットワーク
各グループの話し合いをまとめると、復興基本計画の素案に対する質問、及び絆(コミュニティー)の重要性を理解しつつもどのようにして作っていくのかという質問が多かったです。
阪神大震災のとき、『まちづくり協議会』という住民の方々が集まりが、各地域で生まれました。
各地域の住民の方々がまちづくりについて話し合い、さらに行政の方と話し合いを持つ場となっていたそうです。行政の方も住民一人一人の方の要望を聞くのは難しいのが実情です。まちづくり協議会が各地域で生まれ、住民の方々と行政の方が話し合う場が早くできればと思います。
そして、住民の方々の意見が反映され、長く住みたいと思えるようなより良い「石巻」というまちになっていただきたいです。
ワークショップで、皆さんの意見をまとめましたので、こちらをクリックし、ぜひご覧ください。

(注意)
1.「PDFを読むのはアクロバットリーダーのダウンロードが必要です」
  Adobe Reader ダウンロード http://get.adobe.com/jp/reader/
2. PDFファイルは、2MBになります。

また、今回のワークショップの報告書は、作成し次第、本ブログ、及び当団体HPにアップいたします。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る