やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

『石巻復興節』 石巻にくるり来たる。

2012.2.17活動報告 お知らせ その他の報告

こんにちは!!短期インターン中の千葉です!!
先日、なんとくるりの岸田さんが石巻にいらっしゃいました!
岸田さんは、「石巻復興節」の発売決定を、歌詞を書いてくれた石巻の仮設のみなさんに報告し、感謝したいということでいらっしゃって下さいました。
このプロジェクトは、石川さゆりさんからのお声がけで始まり、現地の方々が、自分たちのメッセージや思いを歌い継いでいきたい、というところから「石巻復興節」が完成したそうです。
歌詞の中ではもう見ることができない思い出の景色や、津波の恐怖、漁業や水産加工業への誇り、新しい町として復興することへの強い思いが込められています。
石巻で歌い継がれていってほしい。そういう思いが込められています。
詳しい経緯、くるりさんの思い等はこちらでご覧下さい。→岸田日記
特設販売サイトはこちらです。
ぜひご購入によるご支援宜しくお願いします。3月12日に販売開始です。
収益は、仮設・みなし仮設・在宅で生活されている方への支援、川開き祭り等のまちづくり活動で大切に使わせていただきます。
岸田さんと住民の方々とのおしゃべりの様子です。

石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク

見ていて、とても楽しそうで、岸田さんも住民の方々も自然体だったのが印象的でした。
笑顔が絶えず、居心地のいい空間でした。
「最近こんなことあったのよ―。」と、住民さん方も岸田さんもお互いに親しみを感じていて、見ていてほっこりしていました。
最後は、「石巻復興節」をみなさんで唄いました。
住民の方々は歌詞を覚えていらっしゃっていて、振付も考えていらっしゃる方もいました。
とても楽しかったです。

石巻復興支援ネットワーク

踊っている方も…。

石巻復興支援ネットワーク

みなさん、
「ノリがよくて唄いやすい」
「こうやって皆で歌えるのがいいね」
とおっしゃっていました。
そして、歌詞の最初の部分はやっぺす隊をイメージされているそう…。
嬉しいですね!
どんどん歌ってほしい!!そう思いました。
僕も写真を一緒に撮っていただきました!
じつはくるりファンなんです。とてもうれしい瞬間でした!
以上、千葉が書かせていただきました!
ありがとうございます!!

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る