やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

地域住民と仮設住民がひとつになるお祭り。そして、次へ。

2012.8.20仮設復興住宅の支援 活動報告

お久しぶりです、やっぺす渡部です。
助っ人インターン生が帰ってしまい、ブログ、HPの更新ができず、すいませんガーン
(インターン生絶賛募集中です。お手伝いいただける方、ぜひご連絡ください。)
先日、8月14日に、当団体が支援している開成・南境地区で東日本大震災追善盆踊りが開催されました。
このお祭りは、当団体の仮設住宅を中心とする地域のコミュニティ形成事業における一つの成果でした。これまでの取組は過去の記事をご参照ください。
石巻のまちで、私たちが10か月間行ってきたこと「コミュニティデザイン」
地元自治会の方々が、そこに住む全ての人に参加いただき、供養を行い、楽しんでいただこうという趣旨で行われました。
会場は、仮設住宅横の総合運動公園の駐車場。当日は、朝5時から準備されていました!
石巻復興支援ネットワーク
立派な櫓です。ほとんどが地元の方々の手作りです。今回のお祭り、手作りの部分がとても多いです。自治力の高さに驚きでした。
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興節の元気な踊り子さんたちです!
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興節・・・テレビ局の企画で生まれた曲です。石巻の方々の詩を紡ぎ、歌にしてくださいました。石川さゆりさん、くるりさんが歌って下さっています。
この日へ向けて、地元で元気に頑張っていらっしゃる村田さんに、復興節の振りをつけていただき、仮設住宅の集会場で踊りの練習を重ねてきました。この法被も皆さんで作りました。
(尚、お盆は、踊り子さんたち、あっちこっち呼ばれて、大忙しでした。やっぺすを支えていただいている方々でもあります、本当にありがとうございました。)
お祭りは、初めに、法要が行われました。亀山市長や議員の方々が、来賓で参加されていました。
多くの方が、ご焼香を上げていました。
$石巻復興支援ネットワーク
法要が終わると、スペシャルゲスト 石川さゆりさんによる「石巻復興節」の熱唱。
$石巻復興支援ネットワーク
前回いらっしゃった際に、「夏に来ますね」という約束を守ってくださいました。本当にありがたいことです。多くの方が、喜んでくださりました。
他にもたくさんの方が、お祭りを盛り上げてくださいました。
一部になりますが、ご紹介します。
馬っこ山太鼓の皆さん。いつも本当にかっこいいです。男を感じます。
石巻復興支援ネットワーク
一途の皆さん。若い方々が大盛り上がり!
自治会の方々も若い方々が喜んで嬉しいとおっしゃっていました。
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
盆踊りも、大いに盛り上がりました。
たくさんの方が、輪となり、踊りました。
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
ちっちゃいお子さんも。笑
石巻復興支援ネットワーク
夜店も、地元の自治会の方々が中心となり、盛り上げていました。
石巻復興支援ネットワーク
やっぺすの元インターン生の千葉君や私の英会話の先生だった方も頑張ってお手伝いしてくれました。
石巻復興支援ネットワーク
フェリシモさんは、アイスを提供くださいました。
石巻復興支援ネットワーク
最後は、花火でフィナーレ。
石巻復興支援ネットワーク
当日の様子は、翌朝、NHKの朝のニュースで全国放送されました。
地元の新聞紙にも取り上げていただきました。嬉しそうに見る自治会の方々を見るのが、とても嬉しかったです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120815/k10014286791000.html

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/08/14/0005296118.shtml

地元の自治会の方々がご尽力されたお祭りは、たくさんの笑顔と共に無事終わりました。
詳しいことは分りませんが、法要や花火の提供等多くの地元の方々がご協力されたようでした。市民の方が自分たちの手で立ち上がる。これが目指すべきところなんだと確信しました。
私たちがしたお手伝いは、ほんの一部でした。
しかし、運営委員長の日野会長より、開会の挨拶で、当団体のサポートがあったから開催できたと言っていただき、こみ上げてくるものがありました。
やっぺすは、次なるステップとして、交流の起点となる広場作りを加速させていきます。東屋、ウッドデッキ、テーブルやチェア、遊具設置等をし、子どもからお年寄りまで集える広場を作っていきます。地元自治会が運営・管理を任されている土地です。自治会の方々のご協力なくして、成り立ちません。市役所や土地の所有者である企業の方とも、対話を重ね、丁寧に着実に、形にしていきたいと思います。
広場でのプレーパークの様子
石巻復興支援ネットワーク

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る