やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

いしのまきわんぱーく できました~!

2012.12.30仮設復興住宅の支援 活動報告

こんにちは、やっぺす渡部です。
2012年も、今日で終わりですね。
今年は、実家の千葉に帰って来れました。帰ってくると石巻の寒さを痛感します。カゼ
これまでに何度かご報告してきた広場作りが、一旦落ち着いたので、オープニングセレモニーを行いまいた。
過去の記事は、こちらから。
開催日は、ロマンティックな12月24日クリスマスイヴに行いました。音譜
関係者の皆さん、ご家族との大切なお時間をいただいてしまい、ごめんなさい。ガーン
前日夜が大雪だったため、真っ白でした。
石巻復興支援ネットワーク
式典前から、子どもたちは、元気に、雪で遊びまわります。
石巻復興支援ネットワーク
式典には、錚々たる方々にお越しいただきました。
石巻復興支援ネットワーク
石巻を代表いただき、石巻市長、市議会議長、石巻専修大学学長を始め、お世話になった職員の方々や先生にお越しいただきました。
地区からは、南境出身の市議会議員、南境東部地区自治会長、仮設開成の自治会長にお越しいただきました。
支援者側として、ネスレ日本、凸版印刷、コトブキ、ダイバーシティ研究所さんにお越しいただきました。(敬称略。)
名前は、色々悩みましたが、決まりました!
『いしのまき わんぱーく』
多くの方々がご協力くださり、一つになるという意味の『one park』と、こどもたちが『わんぱく』に遊んでほしいという願いからこの名前にしました。ラブラブ!
来賓の方々から祝辞をいただいた後、今回、ネスレさん、凸版さんに寄贈いただいた遊具、シェルター、縁台等のテープカットを行いました。テープカットの後は、サンタさんたちから、クリスマスプレゼントをお渡ししました。
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
この広場は、今回の大震災を踏まえ、災害時に避難場所にも活用できるよう工夫をしています。
炊出しができる防災縁台と、ベネッセさん寄贈のソーラー照明灯も、プラグが着いており、電気が使えます。
石巻復興支援ネットワーク
*通常時は、縁台部分がかぶさり、四角い縁台になっています。
石巻専修大学の生徒さん、笑顔バスさん冒険遊び場せんだい・みやぎネットワークさん石巻復興ワークキャンプ参加の仙台と関西の学生さん、やっぺす隊のお母さん方、その他多くのお手伝いのもと、たくさん子どもたちと遊ぶことができました。
*笑顔バスさんのブログも素敵です。こちらから。
子どもたちの元気な様子をいくつかご紹介します。
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
石巻復興支援ネットワーク
NHK,テレビ朝日、KHBさん、東北放送さん、河北新報さん、石巻日日新聞さん等多くのメディアの方にも来ていただきました。こういった活動が少しでも広がれば嬉しいです。
本当に多くの方々のご支援で作り上げることができました。
地元や仮設の方々、土地の所有者、市役所の方々と対話し、信頼関係を構築しながら、どんな広場になってほしいか話し合い、進めてきました。
2月にスタートしたときは、地面は凸凹でした。岩やボルト等がそこらじゅうに散乱していて、とても安全に遊ぶことはできませんでした。
多くの方々のお力を借りて、岩等危険なモノを取り除きました。
地元の企業さんが、立派な桜の木10本と、水道を寄贈くださいました。
自治会の方々が、目の前の県道が危ないからと、横断歩道の設置を警察署に要望してくださり、設置されました。
ボールが外に飛び出ないよう、ソーケングループさんが中心となり、ネットフェンスを寄贈してくださいました。協力して下さったソーケンさんとプロ野球関係の方々が11月に来てくださいました。
*プロ野球解説者 節丸さんのブログでもご紹介いただいています。
ベネッセコーポレーションさんが、子どもたちが赤ペン先生からもらったポイントを東北に募金してくれたポイントを使って、ソーラー照明灯2基を寄贈してくださいました。
*ベネッセさんのサイトでも紹介いただいています。
コトブキさんからは、格安で遊具の提供と、一人乗り遊具を寄贈いただきました。
*コトブキさんのブログはこちらから。
そして、今回、ネスレさん、凸版印刷さんから、立派な複合遊具を寄贈いただきました。
*ネスレさんのサイトで、本プロジェクトがご紹介されています。
これらの企業さんを繋ぎ・サポートいただいたダイバーシティ研究所の田村さん、須磨さんには、感謝の言葉が見つかりません。
上記以外に、大阪で介護施設を運営しているたんぽぽの家さん、松屋商店さんからも多額のご寄附をいただきました。
ご理解・ご協力いただいている自治会・土地の所有企業・市役所のご担当の方々、プレーパークにずっと来てくださっている日本冒険あそび場づくり協会のぶんちゃさん、せんだいみやぎネットワークの皆さん、広場作りで貴重な助言・ワークショップいただいた神戸復興塾の辻さん・神戸まちづくり研究所の東末さん、石巻専修大学山崎ゼミの皆さん、施工いただいた石巻建商さん、助成いただいた子どもサポート基金さん他これまで関わってくださったすべての皆さんに感謝申し上げます。
年末ということで、気合を入れたら、長くなってしまいました。ガーン
今年は、たいへんお世話になりました。良い年をお過ごしくださいニコニコ
石巻復興支援ネットワーク
【これまで開催した広場作りイベント】
2月11日 第一回広場作りワークショップ開催
4月14日 第一回プレーパーク
4月15日 第二回プレーパーク
4月15日 第二回広場作りワークショップ開催
4月30日お花見
5月20日 第三回プレーパーク
6月17日 第四回プレーパーク→雨天中止
7月15日 第五回プレーパーク
8月8日 第六回プレーパーク
8月19日 第七回プレーパーク、子供向け広場作りワークショップ開催
9月16日 第三回 広場作りワークショップ開催
9月16日 第八回プレーパーク
10月21日第九回プレーパーク
11月18日第十回プレーパーク&野球教室
12月24日第十一回プレーパーク&オープニングセレモニー
【広場作りのこれまでの成果
①プレーパークに、延べ400名の親子が参加した。
②地元自治会と仮設自治会がつながり、交流が生まれた。地域の方々が自発的に広場づくりに協力してくださり、横断歩道の設置や環境整備が行われた。
③石巻専修大学の敷地内で、大学生主体によるプレーパークが行われるようになった。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る