やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

子育ての悩みはみんなで解決!やっぺす!ママのわスクール公開子育て講座終了のご報告

2016.10.20担い手育成 活動報告 終了したイベント・プログラム 石巻の方へ

皆さまこんにちは。事務局遠藤です。本日も石巻は気持ちのいい秋晴れの空が広がっております。芋煮やピクニック、スポーツなど、ついつい外へ出たくなる季節ですね♫

そんな気持ちのいいお天気の中、昨日はやっぺす!ママのわスクール公開子育て講座『子育ての悩みの変化~ノーバディズパーフェクト認定ファシリテーター三浦先生からの子育てのヒント』を開催しました。                                    

講師は、長く小学校の教員を務められ、雄勝小学校の教頭先生を務められたのち、2011年から石巻市教育委員会石巻中央公民館で生涯学習を担当されています三浦敏広先生です。

dsc_0775

まずは、ノーバディズパーフェクト(以下NP)とはどんなプログラムなのか?NPを石巻で開催することとなった経緯などお話しいただきました。

やはり、きっかけとなったのは2011年の東日本大震災。震災後、被災した市民の子育てをサポートする目的で仮設住宅の集会場を主な会場に、“いしっこクラブ(子育てサロン)”の活動がスタートします。そこで、子育てを頑張るお母さん方のサポートを続けていた三浦先生でしたが、長崎からの支援でNPプログラムのことを知り、今の石巻のママ達にはこれが必要かもしれない!と強く感じたそうです。自ら東京へ向かい、NPファシリテーターの養成講座を受けた三浦先生。その後今日までに開催したNPシリーズは15シリーズを迎え、受講したお母さんは延べ115名にもなるとのこと。

NP受講時のお母さん方の状況やどんなことに悩んでいるのか、出てきた悩み事に対し、どんな解決策が出てきたか、、、など、これから育児をしていく上でのヒントをたくさん挙げてくださいました。

dsc_0779

熱心にメモを取る姿も。
dsc_0788

15シリーズのNPプログラムを実施してきたうえで、参加したお母さん方の悩みも徐々に変化してきている、という印象が三浦先生にはあるそうです。

子育てに積極的に参加する父親が増加する一方、祖父母との関わりが希薄になってきているという印象。また、ママ友との関わりについての悩みが増えてきている、情報過多に十分にお母さん方が対応できているか、、、など、ファシリテーターの視点ならではのお話に、深く頷く受講生の姿もありました。

小休憩のあとは、NPプログラムを実際に体験してみよう!という三浦先生の提案で、参加者全員でNPの体験版をやってみることに。

dsc_0791

ひとつのテーマに対し、3グループに分かれて各グループで意見を出す→紙に出た意見を書き出す→隣のグループと紙を交換し、書いてある意見に各グループで意見を書き足していく、、、すべてのグループで交換し終えたら、各グループで記入が終わった紙を見ながら意見を発表し合います。今回の体験版では「パパの子育て参加」をテーマに取り上げました。
dsc_0794

パパの話題とあって、どんどん紙が埋まっていきます。
dsc_0801
dsc_0803
dsc_0796

最後は、各グループでこんな意見が出たよ、の発表をして、体験版NPは修了しました。

三浦先生自身の子育ての経験などもお話しいただいたり、間にアイスブレイク(緊張をときほぐす効果のある簡単なゲーム)で後出し負けじゃんけん、なども取り入れてくださったりと、笑いあり、真剣なお話ありであっという間の二時間でした。

参加いただいたお母さん方には、なにかひとつでもヒントを受け取って帰っていただけたら幸いです、と、三浦先生からメッセージを預かりました。ご参加いただいた皆さん、いかがっだったでしょうか。

これからの育児も、お母さんひとりで全部やらなくちゃ!と片意地貼らず、パートナーであるお父さん、おじいさんおばあさん、ママ友、地域の方々皆に助けを求めて、みんなを巻き込んで、皆で一緒に子どもを育てていけたらいいですね。そんないい循環がまわりはじめれば、きっと、もっともっと子育ては素晴らしいものになるんじゃないかなぁ、と、気持ちを新たにしたスタッフ遠藤です。

三浦先生、貴重なお話を、ありがとうございました!
dsc_0809

※NPとは?詳しくはこちら

※本事業は、日本財団の助成により実施するものです。
日本財団ロゴ

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る