やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

ハッピードールプロジェクト!仮設住宅で住民さんとマスコット人形を作りました!

2017.3.07仮設住宅の支援 活動報告

こんにちは!
石巻復興支援ネットワーク「やっぺす隊」の小松です。

2月24日(金)仮設住宅南境7団地西集会所にてARTS for HOPE(アーツ・フォー・ホープ)の「ハッピードールプロジェクト(※)」を開催して頂きました。
IMG_7584

(※)願いを込めたマスコット「ハッピードール」をつくって楽しむプロジェクト。カラフルで温かみのある布を使っておしゃべりしながら手を動かすと、会話も弾み、気持ちがリラックスします。子どもから高齢の方々まで、年代も性別も問わず誰でも参加できることも大きな特徴。特に仮設住宅では大好評で、継続的に訪れている集会所がいくつもあります。(ウェブサイトより)

参加した皆さんはスタート前から端切れや飾りにくぎ付け!
いくつになっても可愛いものは大好きなのです♡
IMG_7589

型紙も用意してくださっていましたが、皆さん自分の好きなものを好きなように作成していきました。

作業が始まると手を動かし、目は手元を見ながら、会話をするというワザを使いながら楽しそうに作業していました。
それを見ていて「これは、公園などで携帯ゲームをしながら会話をする小学生と同じだ」と気付き、人間の能力とは凄い物だと感心させられました(笑)
IMG_7588

当日は新聞社の方が取材にいらっしゃって、
震災から今までのことや、これからのことについてもそれぞれお話されていました。
IMG_7591

南境7団地は集約団地となっており、ところどころでサッシの修理やお掃除など、
引っ越して来る方をお迎えする準備がされていましたが、
はじめからこの団地に住まわれていた方は内心複雑だそうです。

「歯抜けになって、寂しいし怖いから集約されて人が増えるのは嬉しいけれど、どんな人が来るのか、上手くお付き合いできるのか。来る方も不安な人はいると思うが、受け入れる方も不安なんです」とおっしゃっていました。

私たちはそのように不安を抱えて受け入れる方、引っ越してくる方、
両方の方々が少しでも楽しく、生きがいを感じて暮して頂けるようにお手伝いしていきたいと思いました。

ARTS for HOPEのみなさん、ありがとうございました!

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る