やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

子どもよりパパがトリコ!?パパ向け子育てスキルアップ講座第1回目

2017.7.12活動報告 ママこども支援 その他の報告

皆さまこんにちは。スタッフえんどうです。

ひまわりのような太陽が照りつける日曜日。
7月9日に、現在子育て中のお父さん方を対象に、
“もっと子育てを楽しんでほしい!”“お子さんと触れ合う時間を増やしてほしい!”と考え、
パパ向け子育てスキルアップ講座を開催しました。

講師には、NP(Nobody`s Perfect)Japan認定ファシリテーターの三浦敏広さんと、
ブックトーク屋さんの佐藤文博さんをお迎えしました。

当日参加くださったパパさんは4名。集合時は皆さん少し緊張気味、、、

でしたが、講師お二人の柔らかな雰囲気と語り口調で一気に和んだ様子。

自己紹介のあとは、早速本日のメイン、
“子どもと一緒に遊べるシャボン玉ストローづくり”のスタートです!

講師の先生の手元に皆さん釘付けです。

針金を切り出し、毛糸か麻ひもをくるくる巻き付け、

さらにその糸を巻き付けた針金を渦巻き状にひねっていきます。

皆さん真剣。無言でひたすらひねります。

適度な直径になったら、その針金を切り出したストローの中へ通し、完成!
早速外で飛ばしてみることに。

思わず「おおーっ」という声も。

ぶわーっ、と、たくさん飛ぶ方もいれば、???何で?ぜんぜん飛ばない、、、という方も。

講師の先生いわく、
ストローと針金の間からうまく空気が通って
シャボン液のついた渦巻き部分に当たっているかどうか、がポイントとのこと。
パパさん方、うまく飛ばそうとそれぞれに巻き方を変えたり、
アレンジしながら繰り返し吹いていました。

このあと時間があったので、
再度新たなシャボン玉ストローを各自で作っていただきました。
果たして2作目は皆さん、もっと飛ぶように作れたでしょうか。
きっとお子さんの笑顔を想像しながら巻き巻き、していたんだろうな。
そう思わせる、優しい表情で制作にあたっていました。

休憩時間には、講師の三浦さんオススメ、
自宅に戻ってから、“シャボン玉がうまく飛ばなかったときのための保険”として、
『パッチンカエル』の作り方を教えていただきました。

厚紙や牛乳パックでも作れるこのおもちゃ。
輪ゴムを掛けてひっくり返し、平らなところに置いて手を離すと
パッチン!と勢いよく飛び跳ねるというもの。

これにはパパも思わず笑顔に!

皆さん、童心に返ってパッチンしていました。

休憩後は、“子育てすごろく”なるものを講師の先生も含め6名全員で楽しみました。

これは、通常のすごろくのやり方と変わりないのですが、
コマにはそれぞれ子育てや家族に関連する質問が書いてあります。

『子どものことで、嬉しかったことは?』
『家族に内緒のフリーな1日があったら何をする?』
『幸せと感じる時は?』
中には、
『20秒間、奥様を褒めましょう!』なんてコマも。

和やかな雰囲気の中、
当初20分ほどの予定が、
気が付けばなんと40分もこの子育てすごろくで盛り上がっていたのでした。

なあんだ、パパさんたち、普段は口に出さずとも、思うところは多々あるようです。

子育ては、親育て。自分が成長する機会でもあります。
せっかくの、赤ちゃんから子どもに大きく成長するこの数年間、
ママだけでなく、一緒にいられる時間はパパにも
もっとお子さん達と関わる時間を持ってほしい。

その手助けになる
“楽しみながら子育てできる方法”を、お持ち帰りいただけたかなあ、
と感じる時間でした。

講師の三浦さん、佐藤さん、
パパが思わず笑顔になってしまう時間を、ありがとうございました!

ご参加いただいた皆さま、ご自宅でお子さんと楽しんでいますか?

連続2回のこの講座、次回は7月30日です!
☆詳細↓
http://yappesu.jp/news/2017/07/16675/

次はどんな子育てのヒントをいただけるでしょうか。
スタッフもワクワクしています。

石巻のパパさん!一緒に子育て、楽しみましょう!!

※本事業は、しんきんの絆より助成を受け実施するものです。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る