やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

神奈川より平和学園の皆さんが来られ、仮設絵手紙教室をお手伝い頂きました!

2017.8.07仮設住宅の支援 活動報告

こんにちは。やっぺす隊です。

8月3日(木)
仮設南境7団地西集会所で行われたサロン活動「絵手紙教室」のお手伝いに、
学校法人 平和学園 湘南アレセイア中学校・高等学校の生徒さん及び学園長を含めた先生方が来てくださいました。

準備からお手伝い頂き、絵手紙教室も体験していただきました。

絵手紙教室は震災後の2011年8月から開催しているのですが、
今回は中学生や高校生という若い息吹を感じつつの教室となりました。
学生たちはすぐに地元の方とも慣れ親しみ、
和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。

教室終了後は交流会も開催し、
現在の状況やこれからの事などについてお話しました。

参加した学生の中には
「震災から6年もたっていて、
まだ仮設住宅に住まなくてはいけないという状況に落胆しているというか、
暗い感じなのかなと思って来ましたが、
皆さんとても明るくて優しく受け入れてくれて楽しい時間が過ごせました」
という感想を発表してくれた学生もいました。

南境7団地の仮設住宅は集約団地になっているものの、
実際は歯抜けになっている棟が多く、
住まわれている方は寂しく心配な毎日を過ごしています。

そんな中、今回の様に若い方達の訪問は皆さんを元気にしてくれました。
いつもの参加者の皆さんも笑顔で集会所を後にしました。

※当事業は、復興庁「心の復興」事業の交付金にて活動しております。
ありがとうございます。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る