やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

仮設住宅集会所にて「関西たこ焼き」と「石巻焼きそば」のコラボ開催!

2018.2.06仮設復興住宅の支援 活動報告

2月5日(月)仮設南境七団地西集会所に関西の大学生の皆さんが来てくださいました。

住民さんに元気を!と「たこ焼きパーティー」を企画してくれて
私たちも「石巻やきそば」を作成し「関西たこ焼きと石巻焼きそばのコラボ」が実現しました。

石巻専修大学の学生さんも参加してくれ、学生同士の交流もできました。

連日寒い日が続いているのですが、
23名の住民さんが参加してくださり、
会場はほっこりとあたたかい時間となりました。

参加してくれた方の中には
復興住宅や自立再建でお引越しされた方もいらっしゃって、
ちょっとした同窓会のような会になり、現在の様子を聞き合うなど話は尽きないようでした。

大学生の皆さんは毎年来てくれているので、
すぐに住民さんと打ち解け、
「孫と食べているみたいで楽しい」や「若い人とお話出来て嬉しい」など
仮設に残されて寂しい思いをしている方、
引っ越し先で馴染めず引きこもりがちになっている方々を明るく元気にしてくれました。

住民の方から手作りのお土産もいただき
「それでは、お礼に」と、歌のプレゼント!

最後にはみんなで一緒に「上を向いて歩こう」を合唱しました。

震災から7年が経とうとしており、
ハード面の見える復興は進んでいるような感じがしますが、
被災した方々のソフト面(心)の復興は進んでいないように感じられます。

いまだに仮設住宅での生活を強いられている方や
仮設住宅を卒業しお引越しされた方でも引っ越し先で馴染めていない方の中には
心が元気でない方が沢山いらっしゃいます。

そのような方々の心を元気にするために、学生の皆さんは毎年石巻に来て下さっています。

その気持ちがとても嬉しくて、ありがたく、頼もしく、
手をとって一緒に活動できる仲間なのだと実感しました。

ありがとうございました。

※当事業は、「ヤフー基金」復興庁「心の復興」事業にて活動しております。
ありがとうございます。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る