やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

NPO マネジメントフォーラム 2018に参加してきました!

2018.2.28スタッフブログ

こんにちは。
やっぺす事務局の兼子政慶です。

先日2月15日〜18日にて、
内閣府・一般財団法人青少年国際交流推進センター主催「NPOマネジメントフォーラム2018」に
参加してきました!
(NPOマネジメントフォーラム2018詳細はこちら:http://www.centerye.org/post-1142/

本フォーラムは「非営利団体に求められるリーダーシップ」を総合テーマに
日本国内の非営利セクターから選抜された青年と、
ドイツ・オーストリア・ニュージーランドの非営利セクター選抜青年とで
3トピックに分かれて3泊4日の期間にディスカッションを繰り広げるフォーラムです。

私はトピック3の「団体および事業運営のための資金調達能力」に参画しました。

トピックとしてのゴールの全体理解の後、小グループに分かれました。
私は、NGO関係青年で海外にて活動している方や、
ニュージーランド団団長、開会式でケース発表を行った海外青年などと共にディスカッションを深めました。

今回の成果としては、大きく二つあります。
1、言葉の違いなどの大きな壁の先にあった共通項の発見
2、やっぺすの活動が世界の非営利セクターにおいて先駆けていると海外から絶賛されたこと

ディスカッション初めで、言葉の違いの壁が立ちはだかりました。

記号としての言葉から委ねられる解釈は非常に多様で、小グループ内で真っ先にすれ違いが起きました。
しかし、皆が情熱的な”リーダー”だったからこそ起きたすれ違いであり、私は大きな価値を感じました。
その後、個々人が熱心に説明と寛容をし合う中で国を超えた互いへのリスペクトを深めることができました。

この壁を初めのうちに超えられたことは非常に価値のあることでした。
何故なら、その後の具体的な資金調達のディスカッションでは
組織体や資金調達の概念的な定義が自然に揃っており、
本質的なディスカッションとなりえたからです。

このディスカッションの中で
私がやっぺすの活動や概念を話させて頂き、グループメンバーたちから高い評価を得ました。
そして、ディスカッションプレゼンテーションのケースとして取り上げて頂くことになりました!

トピックを通してたどり着いたことは、
「ファンドレイジングとはパートナーシップである」ということです。

国も、人種も、言葉も、価値観も、年齢や活動分野までバラバラなコミュニティにおいて
この本質的な概念回帰に立ち会うことができて心から感動すると共に、
この仲間達と出会えたことに感謝を感じました。

また、トピック3の日本人代表者としてお選びいただき
修了式にて修了証書を受け取らせて頂きました。

主催の内閣府、青少年国際交流推進センターの皆様はじめ、
運営の皆様、そしてフォーラムメンバーの皆様、本当にありがとうございました!

また皆様とお会いできることを楽しみにしています。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る