やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

「あなたのビジネスの悪いところはどこですか」ランコム 第6期ビジネス講座

2018.6.25担い手育成 活動報告

みなさんこんにちは。
やっぺす、Eyes for Future 事務局スタッフです。

この時期、蒸し暑くなったり寒くなったりで風邪をひきやすい季節でもありますね。
皆さまお身体ご自愛くださいませ。

さて、Eyes for Future byランコムでは
第6回目となるビジネス講座「販路開拓」をテーマに開催いたしました。
講師は、昨年もお世話になった高畑 哲平さん((株)KDDIウェブコミュニケーションズ)です

「スキルがあり独立したい!」
「起業したけれどもっと売上を上げたい!」
「でもどうすればいいのか分からない。」

今回は具体的な方法や、販路開拓におけるメリット、デメリットなどを学びました。

新規顧客を増やすには?
売上を上げるには?

起業家のみなさんにとって、ずっと悩み続ける課題なのではないでしょうか。

まずは頭の練習から講座スタートです。

カフェの経営からどう売上を上げるか、4つのグループに分かれてグループワークをしました。
受講生も単価、人件費等計算をしながらどう売上を上げるか考えます。

グループ発表の際は様々な意見が出ていました。

次はマーケティングで使われている手法で4つのpについて教えていただきました。
製品(product)価格(price)流通(place)プロモーション(promotion)

4pの各要素は独立したものではなく、それぞれが密接に関わっているので、その整合性がとれているかが重要です。

特に「製品」と「価格」は相乗効果が生まれるのでとても大事です。
ユーザーの体感価値があがれば、それが口コミやネットなどで拡散し、売上につながるそうです。


色々な企業の例を出しながらどう販路開拓をしていくか学んでいきます。

最後に受講生の起業プランについて、
予め決まった質問形式で、隣の人が発表していくというワークをしました。

・ターゲット層は?
・商圏は?地元相手なのか、もっと遠くなのか
・単価はいくらか?
・月何回くらい利用する?
・売上目標は?

まだ明確に決まってない受講生もいたので発表がつまずきがちだったりしましたが
起業するうえでこの5つの項目は決めておく必要があるそうです。

他の受講生のプランを聞くことが、受講生同士とても為になったのではないでしょうか。

そして
「ビジネスの悪いことは冷静に見つけること。ランコムの受講生同士でぜひ実践してほしい!」
と高畑さんからお言葉をいただきました。

3時間という短い時間にたくさんの学びと気づきがあったのではないでしょうか。

講座が終わったあとも多くの受講生が高畑さんに質問をしていました。

次回は3回目のビジネス講座です。
さらに受講生の学びが深まっていきます。
乞うご期待下さい。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る