やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

【参加者募集中】「脱!ワンオペ家事育児 中央大学学術講演会」開催のお知らせ

2018.10.17石巻の方へ 参加できるイベント

みなさん、こんにちは。
やっぺす事務局です。

「寒い」。
とうとうこの言葉が登場してくる石巻です。

それはさておき、
やっぺすでは10月30日(火)、
考えよう女性の社会参画~「脱!ワオオペ家事育児」~新しい夫婦の形を目指して〜
と題し、講演会を開催します。


ワンオペレーション育児。
つまりひとりで育児を行うことを指す「ワンオペ育児」。
『ワンオペ』という言葉に女性の大変さが表されていますね。

「イクパパ」という言葉があるように、昔に比べるとパパが育児にかかわる時間は増えているものの、
共働きが当たり前になっている今、女性たちの負担は減っているとは思えない実感もあります。
ワンオペ育児だけでなく、ワンオペ家事をこなしている女性も多いのではないでしょうか。

こういった現状が女性に与えるもの。。
政府の調査では、
約5割の女性が出産・育児を機に退職をしており、
その約4分の1の女性が退職理由として
「仕事を続けたかったが、仕事と育児の両立の難しさでやめた。」と回答している報告があります。
働く女性は年々増加していますが、
同時に仕事と子育ての両立に悩む女性も増えているところに
現れているのかもしれません。

仕事をしたい、または続けていきたいけれど
仕事と子育ての両立に不安がある、
ワンオペ家事育児・仕事に、心も身体クタクタ。
育児家事負担を減らし、
女性が自分らしく、社会生活又は職業生活を送るためにはどうすれはよいのでしょうか。

この講演会では、
婚姻関係を維持しながらも、相互依存を捨て、自由・自立を尊重し合う「卒婚」という
夫婦のかたちを選択した、広岡守穂さん・立美さんご夫妻をお招きし、
そこに至るまでや、実際にどのような関係なのかをざっくばらんにおはなしいただき、
新しい夫婦の在り方をとおして、ワンオペ育児家事からの脱却へのヒントを探ります。
講演の他にも、それぞれに置き換え考えるワークも設けています。

無料託児付き(定員あり)、参加費無料です。
この機会に一緒に考えてみませんか。
お申込み受付中です(^O^)/

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る