やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

この秋も三越伊勢丹グループ労働組合様のボランティア活動をサポート!

2018.11.22復興コーディネート 仮設復興住宅の支援 活動報告

こんにちは、やっぺす隊です。

この秋も三越伊勢丹グループ労働組合のみなさんが
石巻にボランティア活動にお越しくださいました!
今回は1泊2日を3回コースに分けて、
総勢37名の方にご参加いただきました。

初日は、
視察チームとボランティア活動チームに分かれます。

視察チームは
大川小学校跡地の視察、
その後、がんばろう石巻・南浜つなぐ館の見学、日和山までのまちあるきを実施しました。
大川小学校跡地では、
大川伝承の会の語り部の方々にご案内いただきました。
佐藤和隆さん、鈴木典行さん、貴重なお話をありがとうございました!

続いて、がんばろう!石巻と南浜つなぐ館の見学は
今回も「がんばろう!石巻」看板を立てた生みの親、黒澤 健一さんにご案内いただきました。
ありがとうございます。

視察の最後は
3月11日当日、地区の住民さんたちが避難した日和山まで、いっしょに長い階段を上りました。

他方、ボランティア活動チームは
雄勝ローズファクトリーガーデンでの活動です。


共同代表の徳水利枝さんに
地域の被災当時の様子やローズガーデンでの活動、今後の構想等について
お話いただきました。
ありがとうございます。

今回は、
オリーブ畑の草取りや
トイレのスロープ、階段を作っていただきました。

***************************

2日目は
復興住宅でボランティア活動です。

今回は、
大原北復興住宅(女川町)、
あけぼの北復興住宅(石巻市)で活動いただきました。

復興住宅での
高齢化率は石巻市内平均の約2倍です。
換気扇やエアコンのフィルターなどのお部屋の高い位置や重いものを動かしての清掃は
ご年配の方にはなかなか難しいのが実情です。

そうした、普段手が行き届かない場所のお掃除をお手伝いすると同時に、
住民のみなさんとコミュニケーションを取っていただくのがこの活動の主旨です。

清掃活動でお邪魔した際に
記念写真を撮影し、その場でプリントして、住民さんにお届けしていただきます。

清掃活動のあと、お茶っこしたり、
ジュースやお菓子をいただくこともあります。
みなさんのボランティア活動とその御礼、心の交流です。

震災の発生から
7年と8カ月以上が経過しています。
こうして毎年、石巻までボランティア活動にお越しいただき
感謝の念に堪えません。

みなさん、本当にいつもありがとうございます!

追伸:
同時開催で
三越伊勢丹グループの万年堂きさ馬さんによる落語会を
今回は「新沼田第1復興住宅」で実施しました。
ありがとうございました!

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る