やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

2019年初やっぺすお茶会開催しました。

2019.1.09仮設復興住宅の支援 活動報告

2019新年あけましておめでとうございます。

さて、
「2019年の復興住宅イベントの展開をどうしたものか」と考えてみましたが、
復興住宅の皆さんに聞いた方が早いのでお茶会で意見交換会を開催いたしました。

1.石巻復興支援ネットワークという団体について
2.自己紹介
3.今年やりたい事・こんなことはどうか?
4.開催集会所の利用について・他地域からの参加者をどう思うか?
5.参加費・材料費について
(以前の各地区の復興住宅でのアンケートでは参加費は無料か100円。やりたいことはあまり考えていないとの回答でした。)

開催場所は新西前沼第2復興住宅集会所、
16名の参加で自己紹介からやってみたい事をお話してもらいました。

お茶をいただきながら和気あいあいとお話を進めさせていただき、皆さんのご意見をいただきました。

・編み物がやりたい
・手芸・刺繍・ビーズなんかいいのではないか
・旅行・遠足はいいね
・簡単な運動をやりたい
・料理は私上手だからやりたい
・折り紙の会を継続したい
・紙ひもでかご作りをしてみたい
・手が不器用なので不安だ
・費用は材料費を出すのは当然だという意見と出せるときと出せないときもある
・友達も誘ってみる

などのご意見をいただき、
「鉄は熱いうちに打て」ということで、
1月30日紙ひもでかご作りの第一回を開催することとなりました。

仮設での紙ひものイベントにずっと参加してくださっていた方々が
講師となって教えてくださるとのことで、お手伝いしてくださることになりました。
初の「ミセスやっぺす隊」紙ひもチーム結成です!

1月18日は違う復興住宅にお邪魔して、聞き取りをする予定です。

復興住宅に入ってから孤独を感じる方も少なくないというより、
むしろ、多く声が聴かれます。

復興住宅だけでなく、
自宅再建の方からも
地域の皆さんと仲良くなりたいので復興住宅でのフラワーアレンジメントの会を開催してほしいとリクエストをいただきました。

昨年12月に新西前沼第一復興住宅の集会所をお借りして
参加者14名ほどで開催したところ、
通りがかりの住民の方数名から
次回、是非参加したいと言われました。

皆様からのご意見をいただきながら、この事業は来年度も続けていきたいと強く思いました。

※やっぺすではイベントの開催時、地区を問わず誘い合ってきてくださることを望んでおります。
作品を作る集中力、手先を使い、認知症を予防し、趣味を見つけて生きがいを見つけてしてほしいです。
お互いが教えあいましょう。

あまり得意なことがない方は
お茶淹れを手伝いに来てください(笑)。
ただ、皆さんの顔を見に来てください。
お茶を飲んでいってください。
仲良く、みんなで尊敬しあい、会を進めていきます。
参加費は材料費をいただきます。

ご覧になって参加してみたいと思われた方はご一報くださいね。
明るく元気に一年を過ごしましょう。

当事業は、宮城県心の復興事業の助成金で運営しております。

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る