やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

125名のMDRTプルデンシャル会の皆様、今年もありがとうございました!

2019.4.04復興コーディネート 活動報告

こんにちは。
石巻復興支援ネットワーク事務局です。

3月23日(土)、
今年も125名MDRTプルデンシャル会のみなさまがボランティア活動にお越しくださり、
やっぺすでコーディネートさせていただきました。

☆MDRT プルデンシャル会とは、プルデンシャル生命保険(株) 様の中で、優秀な成績を収めていらっしゃる方々の集まりになります。プルデンシャル生命保険様自体が、会社を挙げて熱心に復興支援活動に取り組まれており、やっぺすも大変お世話になっています。

☆MDRT日本会ウェブサイト
https://www.mdrt.jp/

今年は、
もはや毎年の恒例となった
・みちのく潮風トレイルのコース整備作業のボランティア
・雄勝ローズファクトリーガーデンのガーデン引越し作業のボランティア
の2か所に加えて、
大川小学校の清掃もお願いいたしました。

活動スタートに際し、
今回の東日本大震災の津波により、
74名の児童と10名の先生たちが亡くなられた大川小学校跡地を見学いただきました。

ご案内いただいたのは
今年も雄勝花物語の共同代表徳水博志さんです。
徳水さんは当時、大川小学校の隣の雄勝小学校で、教員をされていらっしゃいました。

大川小学校での悲劇から学ぶべき、
津波災害からの避難の教訓について、元教員の立場からお話してくださいました。
今回もありがとうございました。

その後、3班に分かれていただきました。

1班は一般社団法人雄勝花物語さんが運営される雄勝ローズファクトリーガーデンへ。

☆雄勝ローズファクトリーガーデン
http://ogatsu-flowerstory.com/

雄勝ローズファクトリーガーデンでの活動は今年で4年目。
石巻市雄勝町のみなさんの心の復興のための希望のガーデンです。
雄勝町を「花と緑の力」で復興するために、被災した住民さんたちが立ち上げた復興プロジェクトです。

活動開始前に、
徳水ご夫妻からガーデンでの活動について
ご説明いただきました。

今回はオリーブ畑への土入れや移植作業といった力作業、
春本番を控えての花苗の植付け作業、
旧ガーデン跡地に残った金属類の撤去作業などなど多岐にわたりました。
どの作業にも一生懸命、お力をお貸しいただきました。
ありがとうございました!

+++++++++++++++

他方、こちらは
「みちのく潮風トレイル」のお手伝い。
みちのく潮風トレイルは、環境省の事業として設定された
青森県八戸市から福島県相馬市までの太平洋沿岸をつなぐロングトレイルです。

今回の東日本大震災で被災の大きかった東北沿岸部を歩いてもらい、
被災の爪痕を見に来てもらい、復興の様子を感じてもらおうと始まりました。
全長700㎞を超えるトレイルコースのうち、
石巻の牡鹿半島のエリアを担当・管理するのが一般社団法人おしかリンクさん。

MDRTプルデンシャル会のみなさんには、
今回も昨年に続くルートの整備と、
道標の設置、丸太並べて橋をつくるなどの
ハードな作業を中心にお手伝いいただきました。
ありがとうございました!

+++++++++++++++

そして、もう1班は、
午前の視察のあとにそのまま残り、
大川小学校の中と周囲の整備作業です。

3月末とは思えない、冷たい風が北上川から吹き抜ける中、
周りのごみや大きな石を拾ったり、
設置されている簡易トイレもきれいにしていただきました。

+++++++++++++++

また、活動の中で
大川伝承の会の佐藤さんからも
校舎内をご案内いただきました。

今回お世話になった団体のみなさま

☆一般社団法人雄勝花物語
http://ogatsu-flowerstory.com/

☆みちのく潮風トレイル
http://tohoku.env.go.jp/mct/

☆一般社団法人おしかリンク
https://www.facebook.com/oshikalink/

震災から8年が経過しています。
メディアでの報道も薄れていく中、
東日本大震災の被災地の地域づくりの一役を担おうと、
MDRTプルデンシャル会様からは
毎年100名以上の方が熱いハートでお越しくださっています。
あらためて、心より感謝いたします。

今回も本当にありがとうございました!!

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る