やっぺすは、復興への道のりとその先の石巻の未来に向けて、市民ひとりひとりが支えあい、 課題をみんなで乗り越えていけるような社会基盤を作ります。

石巻の方はこちら

やっぺすNEWS

なんと400軒を超えるお宅にお掃除で復興支援!

2019.7.04復興コーディネート 仮設復興住宅の支援 活動報告

みなさんこんにちは!
やっぺすスタッフの戸田です。
暑い日が続いたかと思えば、雨が続き、大雨による避難注意が出ている地方もあり心配ですね。
どうぞ、早めの避難を心がけてください。

今年も5月・6月と積水ハウス(株)の新入社員のみなさま約200名が石巻・女川の復興住宅で大活躍してくださいました。
「住民のみなさんによろこんでいただく!」2012年から始まった復興支援活動は今年度分を6月22日をもちまして5回の全日程を終了いたしました。

初日は大川小学校の視察です。
震災、防災、今できることについて語り部さんからお話しいただきました。

参加した社員のみなさんからは「もう復興していると思っていた」「語り部のみなさんはこんなに辛いことなのに話してくれた」「ここに来た自分たちが帰ったら誰かに伝えたい」「避難訓練を考え直そう」などの声をいただきました。

今年は新たに石巻市中央・大街道・湊・渡波地区の復興住宅で各復興住宅の役員の方々のご協力もいただき活動をしました。


「こんなにいい活動をもっと前からお願いしたかったね」とおっしゃって、予約の取りまとめや一緒に1軒1軒回ってくださったり、とても親切にご協力をいただきましたことあらためて感謝申し上げます。

また「次回は、ぜひうちの復興住宅にお願いしたい」とお電話いただき、調整可能であれば伺いたかったのですが。。。


なんとなんと総予約件数400件!

毎年活動させていただいている蛇田地区に関しては1日の活動が100軒超える予約が入り、住民のみなさんには日時の変更をお願いしたりしました。

新入社員のみなさんには、連日今までにない活動件数を最後までやりきっていただきました。

「住民さんのできないところをお手伝いする」
手の届きにくい高い位置の換気扇・電気の傘・エアコンのフィルターのお掃除・窓・網戸のお掃除などを丁寧にしてくださいました。






「やっているうちにもっときれいにしてあげようという思いが強くなってきました」「達成感もあり、この少しのお手伝いなのにこんなに感謝されるなんて!でも役に立ててとてもうれしい」「掃除に夢中になってしまわないよう注意して、住民さんとの交流を図ろう」「チームワークで住民さんとうまくお話しする時間が取れた」「時間の配分に気を付けタイムキーパーが必用だ」など一日の振り返りでは、良かった点や、改善点を社員同士で解決し、次に進む。

それぞれにリスク回避を念頭におき考えながら行動し、その日の目標事項を掲げ毎日活動してくださいました。

1回19人~48人の新入社員さんが7人から8人のグループに分かれ、サポーターがつき活動します。

サポーターは事故やケガ、トラブルがなく活動が進むよう配慮しながら、様子をみて助言をします。


ちなみに私が担当させていただいたグループのみなさんは「換気扇のお掃除をしたことがない」「エアコンのフィルター触ったことがない」「窓ふきは小学校まででした」という社員の方々が多かったのですが、サポーターからの掃除のレクチャーを真剣に聴き、当日、3人と4人のグループに分かれ活動開始!

「素晴らしい!!!丁寧!!!で、住民の方とコミニュケーションとりながら活動している!時間の管理もうまくいっている」うちの班は最高だ!手前味噌でしょうか?(笑)

今回予想以上のニーズがあり、対応に追われる毎日。
復興住宅約400軒の掃除、各復興住宅集会所やエントランスの掃除・窓ふき、草取り等を終始笑顔で活動くださった社員のみなさんには感謝しかありません。




今年度のお弁当もとてもおいしかったです♡(雄勝の光洋さま、大街道グラシアスさま、女川いかやさま、きらら女川さまありがとうございました。)

今年度特別に東北営業回では、ミニ遠足を開催をしていただきました!
住民のみなさんは「孫と一緒に楽しい時間を過ごしたようだ」ととてもよろんでいらっしゃいました。




女川原子力PRセンター様にはセミナールームをお借りし、及川智恵美さんによるセミナーで言霊の不思議を体験し、肝臓の話で納得、体幹を鍛えようと思いました。

今年度は復興住宅での課題解決に向け、さらに多くのみなさんのニーズを把握するためにご協力いただきました。
復興住宅の会長・役員のみなさま、各町内会会長・役員のみなさま、市役所建設部住宅課坂谷さま、宮城県住宅供給公社今野さま他ご協力いただきました団体のみなさま本当にありがとうございました。

最後になりますが、2012年から継続し復興支援をつづけてくださる積水ハウス株式会社さま。
心より御礼申し上げます。

復興住宅のみなさま。
飲み物・お菓子・お料理等の準備や差し入れをいただきありがとうございました♪
みんなで分けあいバスの中やホテルなどでおいしくいただきました!
ご自愛いただき、お約束通りまたお会いしましょうね♡

この記事をみんなにおしえる!

最新の記事

カテゴリー

月ごとの記事を見る